2017年12月26日火曜日

【2017/12/25決定】ロボカップ2018モントリオール世界大会へのチーム推薦方法(12/30訂正)

ロボカップ2018モントリオール世界大会へのチーム推薦方法


ロボカップジュニアジャパンオープン2018和歌山における参加チーム規定およびロボカップ2018モントリオール世界大会におけるジュニアリーグの競技運営変更点を受けて,ロボカップジュニアジャパンオープン2018和歌山においてワールドリーグに参加したチームから次の要領で2018モントリオール世界大会への推薦チームを決定します。

(1)サッカー,レスキュー(CoSpaceレスキューを含む)の各リーグにおいて,推薦枠数のチームをジャパンオープンの成績により上位から推薦する。ただし,次の場合,そのチームは辞退扱いとし,次の順位のチームを繰り上げて推薦する。
  • ジャパンオープンに参加した者であっても,2018年7月1日時点で11歳以下のメンバーは世界大会にはエントリーできないが,それを除く12歳以上19歳以下のチームメンバが2人以上いないチーム(例えば,ある推薦対象となったチームが,2018年7月1日時点で10歳のメンバ1人,11歳のメンバ1人,13歳のメンバ1人だった場合,世界大会にエントリーできるのは12歳以上のメンバ1人となるため,このチームは推薦されない)
  • サッカー,レスキューにおいては2人以上4人以下のメンバーを決定できないチーム
  • レスキューラインのチームのうち,2015年の世界大会以降に2度以上レスキューラインで世界大会に参加したチーム(12/29記述ミスにつきこちらにもとづき訂正)

(2)OnStageに参加するチームは,ジャパンオープンに参加する際に,仮に世界大会の推薦対象となった時に,ノービスサブリーグ(OnStage Novice)とアドバンストサブリーグ(Advanced)のいずれに参加したいかを申告する必要がある。その際,ノービスサブリーグ(Novice)を希望するチームには2016年もしくは2017年の世界大会参加チームのメンバーを一人も含んではいけない。その上で,ジャパンオープンの成績によりノービスサブリーグ(OnStage Novice)とアドバンストサブリーグ(Advanced)のそれぞれの希望毎に上位から推薦する。ただし,次の場合,そのチームは辞退扱いとし,次の順位のチームを繰り上げて推薦する。
  • ジャパンオープンに参加した者であっても2018年7月1日時点で11歳のメンバーは世界大会にはエントリーできないが,それを除く12歳以上19歳以下のチームメンバが2人以上いないチーム
  • OnStageにおいては2人以上5人以下のメンバーを決定できないチーム

以上

(変更履歴)
2017/12/30 年齢制限の基準日を明記,19歳【以下】に訂正
2017/12/29 レスキューラインへの出場ルールの説明方法を修正

【重要12/25】ロボカップ2018モントリオール世界大会におけるジュニアリーグ競技運営の変更点について

ロボカップ2018モントリオール世界大会におけるジュニアリーグ競技運営の変更点について*1


ロボカップジュニア技術委員会によって決定されました,ロボカップ2018年モントリオール世界大会におけるジュニアの競技運営に関する変更点をお知らせします。この変更は2018モントリオール世界大会のみに関してであり,各リージョンにおける競技会においてこれらの変更を必ずしも反映させる必要はありません。

まず,リーグ全体に共通する変更点は次の通りです。
  • チームメンバーの年齢制限は,2018年7月1日時点で12歳以上19歳以下となります。
    (補足)12/26現在,2018モントリオール世界大会の公式ページでは,ジュニアの年齢として「11-18」との記載がありますが,本変更点の案内と矛盾するため現在2018世界大会ジュニアOCに問い合わせ中です。
  • チームのメンバー数はサッカーとレスキューにおいては2人以上4人以下,OnStageは2人以上5人以下となります。

また,以下のように,各リーグのサブリーグ構成が変わります。

1. サッカーリーグの構成変更


2018モントリオール世界大会では,サッカーはライトウェイト(Lightweight league with IR ball)と オープン(Open league with passive orange ball)の2つのサブリーグとなります。

さらに,両サブリーグともに競技の一部としてテクニカルチャレンジ(Technical Challenge)が新たに加わります(詳細は2017年12月末までに公開予定の2018国際ルールにて発表される予定です)。

2. レスキューリーグの構成変更


2018モントリオール世界大会では,レスキューはライン(Line),メイズ(Maze)とシミュレーション(Rescue Simulation(CoSpace))の3つのサブリーグとなります。
メイズ(Maze)はより上級(Advanced)チーム向けとなります。

また,Lineで2015年以降の世界大会*2に2度以上参加したチームはMazeに参加するよう要請します。
(補足1)このルールは,2015年国際ルールから加わったもので,実質2017年より適用されている。次の資料を参照のこと。
RescueRuleClariffication-2015
(補足2)Regional Repが受け取った2018変更に関する案内*1では「チーム」となっていますが,例えば2017国際ルールでは,「2.3.7 Team members may compete in Rescue Line twice (2 international events). After competing in Rescue Line
 twice, they must move to Rescue Maze.」となっており下のOnStageノービスサブリーグ(Novice sub-league)と同じくメンバーが1人も含まれてはいけないと読むことができます。

他方で,これはすでに予定していた変更ですが,2018モントリオール世界大会より,従来CoSpaceと呼んでいたサブリーグはロボカップジュニア レスキュー シミュレーション(RoboCupJunior Rescue Simulation)サブリーグと呼ばれるようになります。このサブリーグは,シミュレーションリーグの入門レベルという位置付けであり,個別競技では仮想環境のみ,スーパーチーム競技では仮想環境と実機環境とで競技が行われます。

さらに,より高度なシミュレーションを行う(新しい)サブリーグが2018モントリオール世界大会においてデモンストレーションされる予定です。この(新しい)サブリーグでは,メジャーのレスキューシミュレーションで使われているシミュレーションエンジンを用いたシミュレータを用いた競技環境が紹介される予定です。

3. OnStageリーグの構成変更


2018モントリオール世界大会では,OnStageは,ノービスサブリーグ(Novice sub-league)とアドバンストサブリーグ(Advanced sub-league)の2つのサブリーグとなります。両サブリーグともに,テクニカルデモンストレーション(technical demonstration),インタビュー(interview),パフィーマンス(performance)の3つで競技が構成されます。

ノービスサブリーグ(Novice sub-league)とアドバンストサブリーグ(Advanced sub-league)の違いは,メンバーの年齢によってではなく,メンバーの経験によって区別されます。ノービスサブリーグ(Novice sub-league)は,2016年もしくは2017年の世界大会*2に参加したメンバーを1人も含まないチームがエントリーできます。2018モントリオール世界大会のエントリー時に名前によってチェックがされます。アドバンストサブリーグ(Advanced sub-league)は,メンバーの経験に制限はありません。例え,過去に世界大会参加の経験がなくとも,アドバンストサブリーグ(Adcanced sub-leaguen)にふさわしいと考えられるチームであれば,どのチームでも参加できます。

*1 本告知内容は,2018モントリオール世界大会OCよりRegional Representative向けに発信されたニュースレターにもとづいています。原文は次から参照できます。
RCJ 2018 TC Welcome and Big changes announcement

*2 世界大会(World Championship)は,従来から行われている世界大会のことであり,RoboCup Aisa Pacificは含まれません。

以上