2015年11月11日水曜日

ロボカップジャパンオープン2016愛知におけるジュニア参加チームの人数と年齢の扱いについて(11/11決定)

ロボカップジャパンオープン2016愛知におけるジュニア参加チームの人数と年齢の扱いについて,次のように決定いたしましたので,お知らせいたします。

【1】ジャパンオープン2016愛知において,チーム人数につきましては,すでにお知らせした通りとなります。


ロボカップジュニアジャパンオープン2016(2016年3月開催)における参加者の年齢およびチームメンバー数について(10/23公開)
http://rcjjinternational.blogspot.jp/2015/10/201620163.html
  • サッカー,レスキューは,2人以上かつ6人以下
  • ダンスは,2人以上かつ8人以下

【2】チームメンバーの年齢制限は次のように行います。

  1. ジャパンオープン2016愛知の参加資格、年齢区分は2015尼崎と同じです。
    • 年齢の上限は、2016年7月1日現在で19才以下です。
    • メンバーは、2016年7月1日現在で,14才以下の場合をプライマリ,15才から19才までをセカンダリと区分けします。
    • メンバー全員がプライマリ区分の場合のみ,プライマリの競技に参加できます。一人でもセカンダリのメンバーがいた場合はセカンダリ競技に参加しなければなりません。
      (全員がプライマリのメンバーでもセカンダリ競技に参加できます。)
  2. ブロックからの推薦を受けジャパンオープン2016にエントリーを行う場合,下記の「世界大会選抜に関する注意」をうけ,チームはノード・ブロックでの出場したプライマリ・セカンダリの区分には拘束されません。即ち,1.の条件下でノード・ブロック大会で出場した区分と異なる区分で出場できます。

<世界大会選抜に関する注意>

RoboCup2016ドイツ世界大会の2016年度ルールが発表された段階で,仮にプライマリ・セカンダリの区別がなくなった場合,セカンダリのチームを優先に推薦します。
具体的には、割当てが1の時はセカンダリーから1チーム,2の時はプライマリーとセカンダリから1チーム,3の時はプライマリから1チームとセカンダリから2チーム,以下,割当チーム数が増えた時は同様の考え方で,偶数の時は半数,奇数の時は,セカンダリのチームに多く割り当てます。(11/24修正)
但し,成績評価においてプライマリとセカンダリの区別なく,チャレンジ全体で評価するチャレンジにおいては,チャレンジ全体として割当てる方法でも構いません。

ロボカップジャパンオープン2016愛知
ジュニア実行委員長 水野勝教
ジュニア実行委員(RCJJ競技担当理事)中島晃芳

0 件のコメント:

コメントを投稿